『人狼ゲーム ビーストサイド』最新ネタバレ!漫画の無料立ち読みも♪

川上亮と小独活作の『人狼ゲーム ビーストサイド』の考察ブログです。漫画の最新ネタバレはもちろん、人狼ゲームの無料立ち読みもできますよ♪

『人狼ゲーム ビーストサイド』1巻の感想

人狼ゲーム ビーストサイド』1巻の感想


ルールなどがグレードアップした『人狼ゲーム ビーストサイド』

1巻の感想を書きます!

収録されている1話~12話までとなります。

漫画は、スマートフォンで立ち読み(無料)できますよ

人狼ゲーム ビーストサイド』漫画をスマートフォンで読む



仁科愛梨(主人公)を筆頭に、過酷な人狼ゲームがはじまり、

参加者はびくびく怯えている状況。

いきなり見知らぬ人たちにさらわれて、山奥の屋敷に閉じ込められるのだから、

こわいに決まってますよね(>_<)

それも人狼ゲームという、命がかかわるゲームに参加させられ、

勝手に、配役を決められるいう一方的な状況で、

幕を開けるのです。

しかも『人狼ゲーム ビーストサイド』では、新たなルールが加わったり、

より過酷な始末をされるので、生きてる心地がしないと思います。

いざその場にいたら、嫌で嫌でしょうがないかもしれませんが、

それを見ている側となると、ゾクゾクして仕方ないです。

人狼ゲームならではの緊迫感や駆け引き、仲間同士の裏切りなど、

 

数え上げればキリがありませんが、そういった人間の本性がみえてくるのも『ビーストサイド』の面白さです。

人がやられて、血がブシャ―ってなって、
うわ、グロっ…

という単純な漫画ではなくて、

心理戦や、複雑に絡んだ関係、意外なところでの繋がりなど、

サバイバルと頭脳戦が合わさったのが『人狼ゲーム ビーストサイド』となります。

漫画には、15人近くの人物が出てきますが、

なかでも、佐伯まことの性格の悪さが目立っています。

佐伯は頭の回転も早く、その場の空気を支配するような力を持っているので、

興味をひかれるんですよね。

人狼ゲーム ビーストサイド』のなかでも、かなりクセがあるので、注目してみて下さい。『人狼ゲーム ビーストサイド』はまんが王国で配信中です♪

最後のほうで、衝撃的なこととなるので、そこも見て欲しいです。

人狼ゲーム ビーストサイド』の漫画が、スマートフォンで立ち読みできますので、
良かったらご覧になって下さい

 

人狼ゲーム ビーストサイド』
漫画の立ち読み

サイト内で『人狼ゲーム』と検索♪